静かな12月=幸せ

静かな12月=幸せ

師走と呼ばれる年の瀬、12月も間も無く終わりですね。

どんな12月を過ごされたでしょうか。

個人的には、完全に自由な生活を手にして気ままに過ごした一年を象徴する、ゆったりした時が流れた年末でしたなぁ。

何が変わったかなぁと思い返してみて、思い当たることとして”しなければいけない”ことが消えた。

もちろん、意識してそれを徹底排除してきて辿り着いたある意味境地ではあるんだけど、去年の12月はまだ少しそういう義務的なものが残ってたんだよね。

最後の仕上げに追われてた部分があって、去年の12月は忙しくしてたところもあったし、最高に幸せではなかった。

その分、今年の12月はめちゃ良かったな〜。

街ゆく車もせわしなくなるこの時期だけど、出かけるにしてもあえて混雑を回避できる時間帯をチョイスできることでストレスを感じることもなかったし、何より俺自身完全に忘れてて驚いたのが、”挨拶回り”を一切しなかった。

営業職経験者だし、それ以降は自分で会社を仕切ってたから、この時期といえば挨拶回りは切っても切り離せない文化だった。

でも、義務的な付き合いを徹底的に排除したから、挨拶回り”しなければいけない”相手もなくなったんだよね。

だからその存在を完全に忘れてたことに自分でも驚いた。

なんで気づいたかって、一応残ってる数少ない商業的な付き合いのある人がLINEで「今年もお世話になりました」って挨拶を送ってきたんだよね。

(俺は神出鬼没で会えないってキャラを貫いてるから、会いに来る人はいないw)

あ〜!そういえばそんな文化あったな!

ってある意味、感動したもんね笑

これが難しいってのは重々承知してるけど、それでもやっぱり人生から”しなければいけない”ってものを徹底的に捨てるとそれだけで幸せに近くよ。

あと、そういえば成功哲学にどっぷり浸かってた頃はこの時期になると、一年を入念に振り返って成長したことを振り返り、それを元に新年また目標を立てるってことやってたけど、今にして思うとあれの恩恵あんまないな笑

むしろ、今年は手帳すら持たなかったんだけど、人生そっちの方がいいと思うな。

覚えられないような予定など、そもそも組まない方がいいのよ。

めちゃめちゃ理想論語ってるのはわかるけどね。

でも、それを机上の空論で終わらせるかどうかは、本気で実現しようとするか空想と諦めるかどうかの違いだと思うな。

一年を振り返るとか、新年の目標を立てるとか、毎年やってるんじゃない?

それで人生、劇的に変わったかい?って話だよね。

そんなことより、勇気を出して”しなければいけない”ことを排除していった方が、本当の幸せに近くと思うよ。

新しい手帳を買う前に、手帳をなくすことはできないか検討してみるってのはどう?