血の滲む努力って本当に必要なんですか?いる?そんなの

血の滲む努力って本当に必要なんですか?いる?そんなの

努力って嫌い。

血の滲むような努力って、もっと嫌い。

と、冒頭からダメ人間節全開でございますが、だって本当のことなんだもん。

経験上、他人に「もっと努力しろ!」なんて叱りつけてくる奴はだいたい、裏でサボってる。

上司系とか特にそうだよね。

でね〜、個人的に自分の半生を振り返っても、そこで出会った人たちのことを振り返っても、”努力してる”人ほど花咲かない。

「こんなに頑張ってるのになんで!?」

なんて言葉が飛び出してきたらもう終わりだよね。

成功する人とそうじゃない人の違いは、努力を努力と認識してるかどうかの違いに尽きると思う。

自分のやってることを”努力”と認識してる人は、本当のところはそれをやりたくないのよ。

そもそも、進む道、選んだ手段が間違ってる。

有名な例えでいけば野球界のイチロー選手。

小学生の頃から、友達と遊ぶよりも毎日欠かさず野球の練習をしていたという逸話があるけど、果たしてイチロー選手自身はそれを”努力”と認識していただろうか。

俺はこの逸話を聞いた時から確信していたことがあった。

イチロー選手は絶対、努力を努力と思ってない。

というか、野球が何より好きなんだ。

友達と遊ぶことなんかよりも、ずっと。

イチロー選手のこの逸話は、努力の天才ともてはやされて、最高峰の努力家として紹介されるが、俺がその意見に賛同したことは一度もない。

努力と思ってることは絶対に続けられない。

天職とは、好きこそものの上手なれ、の延長線上にしか存在しない。

世の中でプロと呼ばれる人たち、天才ともてはやされる人たちは、努力してるんじゃなくて、純粋にそれが心から好きなだけである。

どんなにやっても楽しいから、必然的にどんどん上達する。

一生懸命極めたんじゃなくて、自然と極めてしまった。

反対に、”血の滲む努力”をしている秀才タイプは、だいたい動機が違う。

楽しいからやっているのではない。

そんな、楽しそうにやってしかも上手い奴に負けたくない、とか、プロになれば金が稼げるから、という金のためという動機が本音だ。

だから、練習も努力も楽しくてやっているのではない。

そこ(頂上)に至るのに必要だから、必然に迫られてやっている。

だいたいそういう人たちは、鬼気迫る表情になっていることが多い。

心を殺して、血の滲む努力をできちゃう人は不幸だよね。

悲しいとさえ思っちゃう。

そういう意味では俺はダメ人間で上等だと思う。

自分自身を振り返った時。

一つの人生の転機として、俺の中では例の小玉・小西のオンリーワン ビズビルド コンサルティングというのを受けた時がそうだ。

”好きなことで生きていく”という釣り針に引っかかって二泊三日で50万円のコンサルを受けた俺が直接的に得た稼ぐ手段とは、ツイッターでアフィリエイトして稼ぐ、だった。

そこで言われたのは、好きなことをして生きていくなら、金さえ稼げればなんでも好きなことができる。

今、もっとも手軽に稼げる手段はツイッターアフィリエイトだから、これをやるといいよ。

そういう意味では純粋ウブなところがある俺は、これで元を取り返さなきゃ…という思いもあり、コンサル合宿から帰ってきたらまさに血の滲む努力をした。

どんなに稼げるとしても、別にツイッターアフィリエイトなんてこれっぽっちもやりたいことではなかった。

ただ、50万払って得た、直接的にお金を稼ぐ手段がこれしかなかったので、もう遮二無二やるしかなかった。

たぶん、目が¥マークになっていたと思う。

合宿から帰ってきた直後はやる気もマックスだったので、まさに寝る間も惜しんでツイッターアカウントの育成に励んだ。

でも、ツイッターアフィリエイトで稼ぐって具体的に何をするかって、過去にバズったツイートをちょっと文章いじってパクリまくって、フォロワーを増やしてたまに広告流し込むとそれが売れるって寸法だった。

創造性の欠けらもありゃしない。

ただの単純作業である。

いかにこれに黙々と取り組んで、フォロワー数の多いアカウントを育成できるかってのがポイントだった。

楽しくもなんともない。

ただでさえ、ゲーム好きの俺ではあるがレベル上げ作業はてんで好きではない性格だ。

いつもロープレをやるときは、つまずくまでひたすら装備も整えずに先に行く。

だって、続きが気になってしょうがない。

いちいち次のステージに備えてレベル上げをする時間すら惜しい。

早く先に進みたい。

それで、だいたい途中でさすがに勝てなくなってくる時がある。

そういう必然に迫られた時しかレベル上げ作業なんてしない俺だ。

ツイッターアカウントの育成なんて作業が楽しいわけがない。

正味、一ヶ月も保たなかったと思う。

くだんの合宿から帰ってきて、目の色を変えて作業していたのは。

側から見ればダメ人間かもしれない。

50万払って得た手段を、一ヶ月で放り出してしまったんだから。

でも、実際にやってみて、心底楽しくなかった。

それでも一ヶ月もやったのは、俺からしたら大したもんだよ。

実際にやってつまらなかったんだから、即座にやめて正解だった。

人生という貴重な時間をそれ以上棒に振らずに済んだからね。

合宿から得たことは他にもたくさんあって、それは違う路線に進んでも大いにその知識が活きてきた。

だから、決して無駄にはならなかった。

結局のところ、やりたいことをやってその中から極められるところを探していかなかったら続かないから。

三日坊主が悪いんじゃなくて、そんなことで「あぁ、また三日坊主で終わってしまった!」なんて嘆いている暇があったら、次の新しい、自分が本当にのめりこめることを探しにいけっていう単純な話だよね。

で、俺の場合は何が天職だったかというと、一対一のコンサルというか、イメージ的にはプロデュースの方が近いかもしれない。

一人の人ととことんまで向き合って、その人の素質を開花させる方が自分でやってても楽しいし、結果も出せることに気が付いた。

要は、差し出がましいけど小玉さん小西さんと同じことをする。

自分がコンサルされるんじゃなくてする側。

そこに自分の才能があるって気づけたわけ。

そこに気づけてからは楽しくお金も稼がせてもらったかな。

これって、俺が無理してツイッターアフィリエイトにプレイヤーとしてかじりついてたらたどり着くのが遅れてしまっていただろう。

やりたくないことはスパッとやめる。

世間一般には続けられないことって評価されないけど、俺はそうは思わない。

ヤなことからはスタコラサッサだぜ。

せっかくの人生、楽しいことだけやっていたくない?って話。

俺はそうやって生きようよ、って提唱していきたいね。

P.S.

長年、イチローさんは絶対に楽しいから野球をやり続けられたんだと勝手に思い込んでいた。

でも、実際に会って話を聞いたことがあるわけでもないし、そこに確証はなかった。

だけどふと、こんなインタビュー動画を見つけて俺の推測は間違ってなかったって証明された。

努力を努力って感じちゃったら、やっぱりそれはやめた方がいいよ。

あと、このインタビューの中でも語られてるけど、俺自身も今までの人生に後悔ってないもんね。

イチロー選手と明確に違うのは、俺の場合まさに誰がみても失敗って後ろ指さされることをやらかしてるんだけど、その決断は自分でちゃんと決めたことだったから、後悔なんて微塵もない。

惚れた女のために愛を何より優先して会社を潰した社長って、もはや救いようのないおバカさんだと思うけど、当事者の俺はむしろ誇りにすら思ってるもんね。

自分で決断して進み続けた方が、人生って楽しいって思うな。

少なくとも俺はイチローさんと同じ考えでやってこれてたことになんか嬉しくなっちゃったね。