女神に祝福されしアイクの軌跡・第2章『救出』

女神に祝福されしアイクの軌跡・第2章『救出』

女神に祝福されしアイク・第2章。

物語的にはまだまだ、平和(平和ではない?w)な傭兵団の日常ってな感じで、どうやら前回退治した山賊団に報復されてしまったというのが今回のお話。

山賊団から届いたラブレターを、うっかり受け取ってしまったうっかり属性のキルロイさん。

これ、今になって気づいたけど(過去4週プレイして)、グレイル傭兵団のアジトの右側なんですね!

この後、ここが襲撃される時、親父が塞いでくる!って言ってたのが上の方に見えてる裏口だろうか。

そしてここは馬小屋?

こうして見ると、意外と(失礼!w)マップが作りこまれてる!!

世間ではキルロイさんは「魔防王」という異名を取ってるらしいんですが、いかんせん僕は過去に一度も育てたことがないので、そんな強いとは体感したことがないという笑

少しの油断が死を招く、と、我らエムブレマーが心に刻んでおくべき大切なことをおっしゃっております。

そんな魔防王とのやり取りの中での、ティアマトおばお姉さまの受け答えのワンシーン。

「ん、よろしい。」

って、なんだかお姉さんみたいで可愛い…だと!?
(れっきとしたお姉さんです!!)

まぁそんなこんなで発覚したことは、キルロイがラブレターと思って受け取ったものが、実は我らがヒロインミストちゃんとそのおまけを誘拐したという犯行声明だったわけで。

全員その場で待機というティアマト副長の命令をガン無視でとりあえず北の方へ、みたいなノリで駆け出して行く女神に祝福されしアイクさんたち。

まるでマンガのように、2本に分かれた分かれ道を前に、どっちなんだと仲間割れをしていると。

なぜだか山賊のアジトを知っているオスカー兄さんのおかげで、無事にアジトにたどり着きます。
実はオスカーは元山賊だった!?(違

またまたマンガのように、ガケの上でカッコつけて待ち構えていた、山賊団の…副長?

これまたマンガのように笑
お決まりのセリフを吐き捨てる…

イカナウ!?

か、顔も名前も面白すぎるんだがwww

どう見てもガイルさんです、本当にありがとうございました。

そしてここまで来ると、もう完全にお約束のセリフを吐いて、いざ開戦!

いや、さすがにマニアックともなると、実際の戦闘はちょっとギャグではすまない敵さんの数とステータス。

これ、普通にプレイングしてたら、ティアマトさんも抜きでどうやって乗り切るんでしょうね…。

しかし、わたくしは、女神に祝福されたアイクさんを有しているので、まぁこうすればいいのです。
バーン!!

アイク囮大作戦!

っていうか、アイク一人で倒していかないと、キルロイ守備0なんじゃがー!?

魔防王だかなんだか知らないけれど、この少人数でこの弱っちさは完全にお荷物!!

アイク一人に頼りまくって、お決まりのセリフしか吐かないイカナウさんを追い詰め、成敗!

めでたく2章もクリアかな、と思いきや…

ここにきて一番イケメン(手下なのに一番イケメン!)な、名もなき山賊Aが、ミスト(とおまけ)を人質に取るという、最もお約束な展開で悪あがき!!

自ら存在感が薄いことを自覚して、こんな時まで必死に存在をアピールするなんかボーレ!!

そんなドタバタ劇の最中、5週目にして初めて気がついたんですけど…

な ん か い る ! !

いったい、これは何シノンさんなんだ…と思いきや、どこからともなく必殺の矢が飛んできて

こ、こいつ、死んでる…!!
状態に。

い、いったい何シノンさんなんだー!?

ってなことで、シノンさんが美味しいところを全部持って行って、2章は無事クリアになりましたとさ。

P.S.

ガトリーさんは、ボーレ以上に単なるギャグキャラなのかもしれない…。

こんなガトリーさんに、光り輝く場面は来るのか!?

続編に、乞うご期待なのであります!

P.S.2

我らが乙女、ミストちゃんは鼻水なんてたらさないんだから!!