ビジネスで貧乏人を相手にすると滅びる

ビジネスで貧乏人を相手にすると滅びる

昨日の記事で早速、「僕にもコンサルしてもらえませんか?」という行動力溢れるやる気高い同志の問い合わせをもらった。

一つだけ注意事項というか、俺はコンサルフィーを基本的に100万円取る。

安売りしないし、貧乏人を相手にしない。

それだけ学びを尊いものだと思ってるし、自分自身、これまで学びに1000万近く投資してきた。

だから俺が提供できるコンサルには十分に100万の価値があると思ってるし、優秀なコンサルタントの相場としては100万という金額は普通だ。

ではここに、一つミソがある。

こういう銭ゲバな話をすると一定数の人は反発して、低価格なラインナップを提供できるよう頑張る人がいる。

もっと価格を安くして多くの人に提供できるようにするべきだ、という発想である。

俺は残念ながら、一個人、ベンチャーという規模でこういう思想で実際に成功した人を知らない。

やる前から「それは無理だよ」と水を差すのは好きではないが、個人的に善意で忠告するなら”それはやめておけ”という。

コンサルに限らずどんな商品、サービスだろうと低価格で間口を広く、たくさんの人に提供するというのは実に聞こえがいい。

ビジネス的にいうなら薄利多売だ。

しかし、もっとビジネス的にいうなら薄利多売という手法で成り立つのは大企業だけである。

大企業の戦略だ。

もし、その理想を成し遂げたいのならやはり最初は心を鬼にして、高額商品を提供できるようになるべきである。

自分が成功してから、多くの人を救う道を目指せということだ。

一個人という単位でなぜ薄利多売が不可能かというと、お金という体力、最大HPのパラメーターが低いうちは確実に体力切れを起こすからだ。

自分自身のレベルをあげて、この体力のステータスを増やさないことには使えない奥義みたいなものである。

というのも、基本的に安いものしか買わない客というのはあらゆる意味で”質が悪い”

多くの人を救いたいという理想があるかもしれないが、肝心の大してお金を払わないような奴らはロクでもない人間ばかりである。

俺からすると救う価値はないし、商売としてターゲットにすると最悪なことが起きる。

いわゆる、クレーマー気質というやつだ。

低価格層にいる奴らはとにかくケチなので、払ったお金以上に何倍ものリターンを得ようとする。

奴らは100円でどれだけのものを得られるか、というゲームをしているようなものだ。

必然的に、些細なミスにつけこんで文句を並べ立て、お詫びを請求しリターンを大きくするというのが奴らの根底にある思考パターンだ。

こういう連中を相手にするとお金だけでなく、もちろんメンタルも疲弊する。

多くの人を救いたいという理想は素晴らしいのだが、確実に自分の方が先にダメになる。

これを回避する方法はたった一つ。

きちんとお金を払ってくれる目の前の一人を大切にすることである。

現実は残念ながら、結局のところ生き残る人たちの戦略はこっちだ。

世界を救いたい、弱い者の味方でありたいという理想は少年なら誰もが一度は思い描くのかもしれないが、大人の世界の現実とはこっちなのである。

言いたくはないが、俺は俺を慕ってくれる人には破滅の道を歩んでは欲しくないからこそあえての「割り切れよ」というメッセージを投げかける。

それでもやってみたい人は大いに挑めばいい。

そういう意味では世界は自由だし、可能性は決してゼロではないのがこの世の常識だ。

それともう一つ、自分の提供するサービスを高単価にすることはメンタル的にも大事なことがある。

いわゆるセルフイメージを高めるというやつだ。

自分の提供するものなんてこんなもんだろう、と思って安売りする人もいる。

これはよくない。実に良くない。

この発想が根底にある人もまた、俺は成功しないと断言する。

自分の提供するサービスの単価を高めていくことは、自分自身の成長にも繋がると思って欲しい。

自分のことを含め、”こんなものだろう”と思っている人は人生において損しかしない。

じゃあ逆に、本当に学ぶことに志はあるのに今、お金がないという人はどうすればいいのだろうか。

自分の財布から出せる金額で学べるものを探すしかないのだろうか。

これもまたよろしくない。

起業するなら大切な発想方法は、”どうしたら今、自分はこれを得られるだろうか”という発想方法である。

お金が足りないから諦めます、というのは愚か者の発想というわけだ。

逆に、お金が今、足りてなくてもそれを得る方法を閃くことができるアイディアマンになれれば、ビジネスでも成功する。

諦めないことがビジネスにも通じる発想方法のトレーニングだと思ってもらいたい。

こういう極意を俺から教わりたい人は100万円用意してね♡という話だし、じゃあ本当に今、それだけのお金が足りませんという人は、せめてこの本を読んでみてもらいたい。

これはビジネスのバイブルとしては最高の本だと思っている。

お金が足りなくても今、この瞬間に高額のサービスをゲットするための方法もこの本に記されている。

逆立ちしてもその方法が閃けなかった人は、この本を読んでみることをオススメする。