1日の集中力って4時間が限界らしいよ

1日の集中力って4時間が限界らしいよ

人間が1日にベストパフォーマンスを発揮できる(集中できる)時間は4時間が限界らしい。

メンタリストDaiGoさんが言ってた。

彼は自分の会社の就業規則はこの研究結果を反映するって言ってたけど、実際のところどうなんだろうね。

DaiGoさんが経営してる会社ってのがどのように運営されてるのか興味は尽きないところだけど、さて、この研究データを聞いて実際に活かせる人ってどれくらいいるんだろうか。

ちなみに俺は、今は自由気ままに生活してることもあって、いわゆる作業的なことは1日4時間しかやらないって決めてる。

聞いた話はすぐに取り入れて実践する性分なんで^^

だがしかし。

多くの人は肩書き”サラリーマン”だと思うので、こんな情報を聞いても実現不能問題がつきまとうと思う。

だけど俺がサラリーマン時代にこの話を聞いても、俺は実践してたと思う。

もとより、そういうことがしやすいという意味でも営業職が最強だと考え、営業部に所属していた。

営業は自由だ。

サラリーマンの中でも極めて自由を謳歌できる。

歩合制だったら結果を求めて大変かもしれないが、そうじゃなかったらサラリーマンの中では最強に過ごしやすいと思う。

ある程度のノルマ・プレッシャーに対する免疫は必要だろうが。

俺の場合、当時は当時で最大限に自由を桜花していた。

営業職の人間といえば、自由に動けるのをいいことにそこらで昼寝したりパチンコしたり、サボリーマンの典型のイメージがあると思う。

無論、そういうことしてる先輩たちも多かったが、俺の場合は独立するという目指すものがあったんで、そのためのスキルアップに繋がることを勝手にしたりしていた。

自社の製品じゃないものを営業したり笑

でも、当時から仕事でベストパフォーマンスを発揮できるよう色々考えて実践していた。

最も不必要だと感じていたのは紛れもなく通勤時間だ。

なんか、通勤時間に読書したりオーディオブック聞いたりしていかにその時間を自己投資に当てられるか、って取り組んでる人もいるけど、そもそも通勤時間なんて極力減らすべき。

俺の場合、当時手取りで18万しかなかったけど、本気で独立を決めた時から、この通勤時間こそが最も邪魔だと思って、会社から徒歩3分のところに引っ越した。

都心だったが、超ボロいアパートで家賃4万のところがあったので即座にそこに引っ越した。

営業×自宅が会社から徒歩3分というサラリーマンライフは無敵だった。

電車なんて、座れることも滅多にないし、特に俺は人間嫌いなので人混みにいるだけでストレスである。

朝という一番脳がスッキリしてる時間にわざわざストレスにまみれて、帰りにくたくたになった時にさらにストレスを感じながら帰るとかホントありえない。

俺はリーマン時代に電車に乗らないライフスタイルを築きあげたのでもうだいぶ電車とご無沙汰だが、電車を生活から排除するだけでかなり気分が違う。

あんなものは言い方悪いが社畜輸送船だ。

電車がストレスになってる人は、まずはいかに通勤時間を減らすかを考えた方がいいと思う。

それが、サラリーマンであってもベストパフォーマンスを発揮する最初の一歩だろう。

時間は有限なように、一日の時間の使い方も有限である。

自分が快適に動ける時間の追求をしてほしいと思う。