舌遣いと息づかいのテク

舌遣いと息づかいのテク

エロい話ではありません。

至極まっとうなお話です笑

何を隠そう、わたくし、この半年あまりでしょうか、

なんと、ボイトレに通っているのですw

思い立ったが吉日で学びごとをするのが趣味みたいなものでして。

それこそ、学生時代は勉強なんて大嫌いだったんですけど、いざ起業を志して自分の意思で学ぶようになったら知識を習得することが楽しんのなんのって。

ビジネスやら成功哲学やらスピリチュアルやら、割と人生に役立ちそうな知識から、どういうわけか韓国語を4年も学んでいたことがありまして。

別にしょっちゅう韓国行くとか何か付き合いがあるとかじゃないんですけどw

4年も学んだわりには現在はさっぱり使ってないんで、せっかく習得した分も忘却曲線が曲がり始めてる始末w

と、何か目的があるわけでもなく単に興味を持ったことを学ぶことが趣味みたいになっておりまして、最近のマイブームというか新たに学び始めたことがボイトレだったわけですな。

そりゃ、学生の頃にゲーム好きが講じて声優を志したことが一瞬だけありました。

ただ、同時に若気の至りで特に当時は自分の声にコンプレックスを抱いていたので、声優になりたい反面、やる前から俺になんて無理だよ…。

と、一瞬で諦めてしまったこともあります。

それとは別に、自分がスーパー音痴であるというコンプレックスも持ってまして。

学生時代は勉強全てが嫌いだったので、当然に音楽だって真面目に授業受けてなかったわけなんですよ。

だから、音楽に関する知識もまるでない。

そして同時に、自分は音痴だって気にして、高い声とか歌声とか出ないっている劣等感を抱いていたわけなんですな。

で、とりあえず近年はビジネス的なことはもうこれ以上学びたいこともなく、あとは自分に必要なものはなんだろうかと日々、自分に問いかけていたような状態だったわけです。

そんな折にふと思いついたのが、”声”に関する劣等感を今こそ克服すべきなのでは?

と、思い立ったわけです。

歌声が練習すれば磨けるものであれば、音痴を克服できた暁には俺は完全無欠になれるw

と、思ってしまったわけなのです。

それで通い始めてやっぱり良かった。

今まで、知りもしなかった新たな知識がたくさん学べて実に大満足であります。

まず、客観的に俺は音痴ではなかった。

これは自分自身にとっては非常に大きかったことですよね。

ずっと、自分の世界に閉じこもって、自分は音痴だ音痴だ、って気にしてたんだもん。

それが、恥ずかしながらもプロの前で歌うことで、「あなたは音痴ではないです。」ってお墨付きもらえたんだもん。

やっぱ、その道のプロに学ぶことは本当に人生最短距離。

俺の場合、確かに高音は出てないんだけど、一般男性の平均は出てるし、音程もしっかり取れてるとのこと。

あ、俺って平均点は出せてたの?

ってすごい救われたよね。

そんで学んだ究極のエッセンスがタイトルの

”舌遣いと息づかい”

俺は一応、韓国語を学んでた当時に講師の先生とか実際に韓国人の友達を作ったこともあってその時まざまざと体感してたんだけど、韓国人はみんな歌がうまい。

韓国語の発生方法が歌唱力にも影響するって話を当時聞いてたんだけど、驚きの事実をボイトレの先生から聞いた。

日本語の発生方法が最低最悪に悪いらしい。

韓国人に限らず、外国人はみんなしゃべる時も自然に腹式呼吸でしゃべってるんだって。

腹式呼吸。

歌を歌うテクニックとして絶対聞く言葉だよね。

音楽嫌いの俺でも、良い歌声には腹式呼吸ってことだけは知ってた。

なんと、世界的に見ても腹式呼吸が苦手な人種は日本人だけらしい。

で、その原因が日本語の発音方法。

悪く言ってしまえば、口先だけの小手先のテクニックで言葉をしゃべっているので、口を大きく動かすことも舌を動かすこともしない。

世界的に見て、日本人はボソボソしゃべると言われる所以がここにあるんだと。

確かに、普段しゃべる時なんて特に口をほとんど動かさない。

本当はアイウエオとか、口を正しく上下に開けるんだろうけど、言われてみればそんな発声方法、小学校以来してないかもw

そうやって口を動かさないから、口や舌の筋肉が全然鍛えられてない。

英語学ぶと、唇とか舌先をうまく使わないと綺麗な発声にならないって練習されられると思うんだけど、要は日本語では発声方法が全然鍛えられてないんだよね。

これは衝撃だった。

しかも、歌うためのストレッチとしても、舌の準備運動なるものまであるらしい。

まず、顔を上に向けて舌を思いっきりだらんと垂らす。

だらしない犬みたいにw

でも、普段口から舌を出すことさえ滅多にしないから、確かに舌の筋肉なんて全然使ってない。

歌うときは舌をのどの奥にしまったり、とにかく舌を口の中で自在に動かすことが大切なんだそうだ。

舌を口の中で変化自在に動かせるようになるだけでも、歌いやすさが全然違う。

これやってると、小顔効果とかもあるらしいよ、知らんけどw

だいたい、外国人は日常でも腹式呼吸してるなんてほんと知らんかったよね。

そりゃ、声量に差があるわけだ。

声にコンプレックスある人ってすごく多いと思う。

でも、普段から舌を動かして常時腹式呼吸を意識するだけで劇的に変わると思うよ。

まずは、口をしっかり動かしてしゃべる習慣をつけましょう!(自戒の念を込めながら)