落ち込んだらとりあえず海に行け!!

落ち込んだらとりあえず海に行け!!

いや、別に海じゃなくて山でもいいんだけどね(爆)

違うんだよ、本質はそこじゃなくて、つまりは落ち込んだ時こそ

”自然の雄大さを感じろ!!”

と言いたいわけさ。

よく、漫画や小説で海を眺めてると自分の悩みがちっぽけに思えて立ち直るシーンってあるじゃん?

あれを実際にやってみたことある人どれだけいる?

って話。

習得した知識はすぐに実行に移すことが信条のわたくしはもちろんやったことがあるぜ!(ドヤ顔)

なんかよくね、教科書で書かれた正解知識しか実行に移せない石橋タイプの優等生のモノマネ野郎多いけど、核心を教えてあげよう!

正解なんて、人それぞれ。

残念ながら、これが真実なんだな。

つまり、万人に共通する正解のルールなんてないわけよ。

落ち込んだ時の対処法だって、音楽聞くとか運動するとか、とにかく寝る!とか、ほんと千差万別。

じゃあどれが正解なんだ!

って、そういう話じゃないわけよ。

要は、自分にとってのベストな方法を発見できたら人生勝ち組なわけ。

自分はとにかく寝ることが最高のストレス発散方法だって知ってれば、何があっても立ち直れる。

これは残念ながら、自分でやってみないことには発見できない。

オーダーメイドは自分で見つけるものだよ。

ただ、その中で忘れて欲しくない方法が一つある。

それが今回のタイトルにもした、自然の雄大さを感じる習慣。

本当は落ち込む前から日常習慣にしてもらいたいくらいなんだけど、普段から自然に触れること。

文明がどれだけ発達しようと人間も自然の一部であることには変わりないんで。

これを忘れてしまうと泥沼にハマる。

都会のコンクリートジャングルに染まっていては絶対に磨かれない感性がある。

こればっかりは自然に触れ合うことでしか磨かれない。

オレ的ニュータイプ論を展開したこともあるんだけど、人が覚醒する一つのトリガーは自然に触れること。

五感だけでなく、ニュータイプ的な感性といえば現代風にいえば第六感だけど、これを一番磨けるのは自然に触れていること。

一応エビデンスも提示しておくと、麻雀の世界で鬼才と言われた桜井章一さんっていう方も、カンを磨くために自然と触れ合う修行を門下生にさせてる。

麻雀の腕を磨くのに、麻雀をするんじゃなくて大自然に放り出して裸足で川遊びとかするんだって。

あえて科学的に解説するなら、裸足で直に大地の刺激を感じることでツボがめっちゃ刺激されて…

って、そういうことじゃねぇのよ。

しのごの言わずにとにかくいっぺん自分でやってみろって!

なるほど、自然に触れるというのはこういうことかァ!!

って、自分で味わってみない限り文献で学んでも全然会得できてないから。

まぁあと、一応言っておくと自然には浄化作用がある。

負のエネルギーは大自然の力を借りて浄化するのが一番手っ取り早い。

自然のヒーリング効果に勝るものはない。

悩んだりスランプに陥った時は、一度大海原を見渡せるところに行ってずっと海を眺めてみ?

水平線を眺めてるだけでも曇りが晴れていくから。

俺はね?

あなたにとってのベストプレイスはどこかは知らんよw

それはあなたが自分の足で歩いて発見していくこと。

ちなみに、俺は海にはすぐ行けるところに住んでないんで、一番身近にあるヒーリングスポットは近場の山の頂上だけどね笑

山のてっぺんに神社があって、地脈的にも優れた場所であることは間違いない。

Fateでいったら柳洞寺的な。

その土地で一番霊脈が優れた場所ね。

そういうのあるから。

自分の地元で一番霊脈の強いところ。

現代風にいったらパワースポットとかいうのかもしれんけど、俺的にはそれが大自然のヒーリング効果だと思ってる。

だから観光名所になってるとかじゃなくて、自分でエネルギーを感じられるくらいのベストスポットを探すべきだね。

俺だって、最初はめちゃくちゃ歩き回ったもん。

近場にいいとこないかなって、いろんな山登ったし笑

一つオレ流の見つけ方は、昆虫に詳しい人しかわかんないかもだけど、その山にはタマムシが住んでた。


(こういう昆虫。七色の宝石って呼ばれる綺麗な昆虫ね。)

普段、その街にはタマムシなんていないわけよ。

だけど、一つ山を登ったその頂上にだけタマムシが生息してた。

それだけで、

あぁ、ここは神聖な場所なんだな

ってわかった。

俺の中ではね。(これすごく大事!)

自分なりの見分け方。

スランプ脱出方法。

これを確立できたら強いから。

自分だけの癒しスポット、是非に見つけてみてください。